コンテンツへスキップ

他県にはない愛知県の結婚式のルール

愛知でも特に名古屋では、他県よりも結婚に関わることにお金をかけるという風習があります。嫁入り道具にしても、他県ではないぐらい豪華にそろえると言われていますし、結婚すると身上傾くともいわれているほどです。さらに結婚式においても、お菓子のばらまきというのは、昔からの定番の流れで、以前は結婚式の当日などに自宅の2階からお菓子をまくということもありましたが、その名残があり、式が終了した後などに、新郎新婦が大きなお菓子をまくということも行われているケースもあります。また、引出物は大きくてかさばり、豪華なものを用意されるということもあります。参列者の間でも暗黙の了解となっていて、荷物が多いというのはよくあることです。しかし、時代とともに少しずつ変わってきてはいます。

とにかく派手好きな県民性があります

愛知の中でも、特に名古屋地域においては、結婚をするときの結納から花嫁道具をそろえるというところからして、かなりお金をかけるという風習があります。お嫁さんをもらうなら名古屋からと言われることもありますが、それぐらい豪華な花嫁道具であったり、結納もきちんとするというのが県民性としてあります。さらに、結婚式も派手婚の傾向があり、他県よりもオプションなどもとても充実していて、自分たちだけの予算だけではおそらく間に合わないような豪勢な式になるところが多いです。お菓子をまくという風習もまだ残っていて、式の途中や最後などにみなさんに配るということも行われていることが多いです。式場のオプションなどでも用意されていることもありますし、自分で持ち込んで行うこともあります。

とにかく引き出物が大きくてかさばる

愛知県の県民性として、派手好きな部分もあります。それがよく出ているのが、結婚式の引き出物です。今他県では、カタログギフトなどが増えていて、参列者は帰りの荷物も少なくてよいのですが、愛知の場合には、見た目もこだわります。大きくてかさばるものを選ぶ方もまだまだ多いです。もちろん時代とともに、式自体の豪華さなども縮小されてきたりしている部分もありますが、引出物はまだ大きくてかさばるものを選んでいる方もいます。自分たちだけでということではなく、家と家同士の結婚という感覚もありますので、親の経済力もかなり影響してくるということが、式をみているとわかることもあります。嫁は名古屋からもらえという言葉が使われていたりするぐらいなのです。式にかかる費用は、名古屋はとても多いです。